シェアリングエコノミーのスタートアップの現状、1兆円企業は生まれるか?~エアークローゼット天沼×アキッパ金谷×Airbnb田邉×ガイアックス上田 視聴時間 1:00:33

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1ベンチャー2018
第4部分科会C「日本のシェアリングエコノミースタートアップから1兆円企業は生まれるか」
(2018年6月17日開催/グロービス経営大学院 東京校)

Airbnb、Uber、WeWorkと企業価値1兆円を超えるシェアリングエコノミースタートアップが続々と生まれる米国。現在の日本の市場規模は500~600億円だが、潜在的市場規模は年間約2兆6300億円に上ると見られており、テクノロジーの進化によって所有から共有への潮流が不可逆的であることを考えれば、日本のシェアリングエコノミースタートアップの可能性は計り知れない。欧米からは出遅れているといわれている日本が成長を実現するための課題と解決策とは。(肩書きは2018年6月17日登壇当時のもの)


※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP