テクノベート時代の日本を良くする「100の行動2.0」~鈴木英敬×平将明×柳川範之×堀義人 視聴時間 1:00:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あすか会議2018
第1部全体会「テクノベート時代の日本を良くする『100の行動2.0』」
(2018年7月7日開催/国立京都国際会館)

日本を良くするビジョン「100の行動」が出版されてから2年半、プロジェクトがスタートした2011年7月から7年もの月日が経過した。この間、外交、安全保障、経済などの分野で目覚しく達成された「行動」も多いが、少子化、社会保障制度、財政再建など残された課題も多い。さらにこの7年間でテクノロジーの進化によって日本社会そのものが根底から変わろうとしている。テクノベート時代の日本を良くするための新たな「行動」とは。(肩書きは2018年7月7日登壇当時のもの)


※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP