「クラウド市場」の今と「SaaSビジネス」の展望~寺田親弘×西澤亮一×間下直晃×牧野正幸 視聴時間 52:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1ベンチャー2018
第4部分科会D「1兆円を目指すSaaSカンパニー~規模化をどう実現するか~」
(2018年6月17日開催/グロービス経営大学院 東京校)

SaaSなどのパブリッククラウド市場の市場規模は、2017年に5,000億円を超え、今後も毎年20%以上の高い成長率を維持して2022年には1兆4,000億円に達すると予測されている。テクノロジーの進化とクラウドの発展によって起業コストが劇的に下がったことも相まってSaaSスタートアップは百花繚乱の相を呈している。インターネットの普及で顧客は同種サービスのクオリティを簡単に比較できるため、他社に劣後すればすぐに消費者に見捨てられる「勝者総取り」レースをプレーヤーは強いられることになるだろう。SaaSビジネスの差別化の課題と今後の趨勢を議論する。(肩書きは2018年6月17日登壇当時のもの)


※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP